Skip to navigation | Skip to content

ブラーマクマリスの歴史

Brahma Baba

 

恐らく、ブラーマクマリス世界精神大学のように、その創立時に多くの変遷や討論が活発に為され、過去数十年間に大きな拡大を遂げた組織はあまり例がないでしょう。けれども、その成長と発展段階で、一貫して、BKWSUは本来の原則を維持し、元々の目的を厳守してきました。

大学が「オム マンダリ」の名で始まった時、ハイデラバードのシンド地方(今はパキスタンの一部、当時は植民地のインドの一部)に住んでいた、ただ一握りの男女と子供たちで構成されているに過ぎませんでした。その共同体の中で尊敬を受け、裕福だったダダ レクラージが1936年に一連のビジョンを体験し、そこの精神的な草分けたちが自己の人生を変革する鼓舞を受けました。

Brahma Baba

創始者のビジョン

ダダレクラージのビジョンは、魂、神、時間の性質についての知識の本体を現しました。―概念は、その表現ではとても簡素でありながら、意味は非常に深遠で、ビジョンを分かち合った者たちの間で、力強い認識の感覚が呼び覚まされたのでした。

「オム マンダリ」の創立1年後、組織はハイデラバードからカラチに移りました。インドとパキスタンの分裂の2年後までの14年間、約400人の個人からなる創始者の一団は、集中的な精神の学習、瞑想、そして自己変革に自らの時を捧げ、自給自足できる共同体として暮らしました。

Brahma Baba

世界本部

1950年に共同体はマウントアブに移りました。そこは閑静な場所で、古代遺産として評判が高く、精神的な元気回復や力の修得を探求することにおいて神聖な目的地として多くの人々に考えられています。ラジャスタン州のアラバリ山脈の高地に位置し、黙想や観照のための理想的な場所を提供しました。借家住まいから数年後、共同体は大学の世界本部として今も存在する場所、マドバン(蜜の森)に移りました。

ブラーマクマリスの歴史 続きはこちら

Print this page